照明器具をネットをうまく活用し通販サイトで格安で購入する

注目のLED

照明

青色LEDのノーベル賞受賞で話題になっているLEDですが、身近なところではLED照明として利用されています。 今まで照明といえば、白熱電球、蛍光灯、パルックボールなどの蛍光灯を電球型にした物が主でした。 しかし、新築・リフォームなどでLED照明を選ぶ機会も増えてきました。 蛍光灯との大きな違いがいくつかあります。 一つ目は寿命が長いことです。 蛍光灯は長くても二年程度で蛍光管を交換する必要がありますが、LED照明の場合、10年程度の寿命が設定されています。 10年というのは照明器具の寿命でもあるので、交換するときは器具ごと交換になります。 二つ目は調光・調色が可能なことです。 勉強するとき、リビングでくつろぐときなど、さまざまなシーンに合わせて明るさ・色を変えることが出来ます

最近ではLED照明の価格低下により、色々な使われ方が出てきました。 一般の電球とは違い、調光が可能なので、リビングの照明を全てLED照明にして、天井をすっきり見せる家など増えてきました。 間接照明や、階段照明など、狭いエリアや、今までの電球では難しかった位置にもLEDが普及しています。 また、常夜灯や外照明のように長時間光らせたり、交換が難しい場所にLEDを使用する例が増えています。 一般的には、蛍光灯などより害虫を呼び寄せる波長の光が少ないと呼ばれていて、街路灯にも使われています。 LED照明を利用した植物工場なども日本各地に作られていて、今まで考えもしなかった分野でもどんどん普及が加速していっています。